ホウ酸は天然物です。ホウ酸は米・カリフォルニア州や西トルコの鉱脈で採掘される「ホウ酸塩鉱物」を精製して作られます。ホウ酸は鉱脈のほかにも海水、淡水、岩石すべての植物、土壌などに存在する天然物です

ホウ酸と聞いてまず目薬やゴキブリのホウ酸団子を思い出す方も多いのではないでしょうか。これらはホウ酸が哺乳動物に安全で哺乳動物以外に厳しく作用するからできる芸当です

ホウ酸はすべての植物の必須微量栄養素である。植物はホウ酸がないと枯れてしまいます。すべての植物は微量のホウ酸を依存しながら繁茂を続け、必要なホウ酸を大地や水から調達します。人間は必要なホウ酸を植物から得ています

安全で効果が低下しない。ホウ酸は揮発しないから室内の空気を汚さないぞ!だから床下空気循環工法にも安心して使えるのです

鉱物由来のホウ酸は分解や揮発することがないから効果が低下しない。合成殺虫剤の農薬は3年から5年で効果がなくなるから注意が必要

あとで再処理ができない壁の中の柱などに効果がなくなる薬剤は使用しない。

ホウ酸処理はオーストラリアでは1930年代からニュージーランドでは1950年代からアメリカでは1980年代から使われています。特にすべての構造材に防蟻処理が必要な米・ハワイ州では1990年代からそのほとんどをホウ酸で処理しています。

アメリカカンザイシロアリとはこれまでのシロアリと違って羽アリが侵入してくる外来種です。乾燥材のわずかな水分で生きられるから被害は家全体に拡がり巣をたくさん作れるから駆除は困難を極める。

本場アメリカでは予防処理としてホウ酸処理をしています。アメリカのシロアリ研究者も最も有効な予防方法として全ての未処理材にホウ酸水溶液を噴霧することなどと発表しています。

生物は細胞のホウ酸濃度が一定以上になると代謝がストップして死んでしまいます。だから腎臓をもたない昆虫などには効果テキメン!耐性を持たれることもない。血液浄化作用のある哺乳類動物は細胞に届く前に尿で排出できるから安全なのです。

ホウ酸はいろいろな虫に効くが代表的にはゴキブリやアリ、キクイムシなどです。