ボロンdeガード工法

「ボロンdeガード工法」マイホームが「腐らない」「食べられない」自然素材「ホウ酸」による木造劣化対策。
シロアリ・アメリカカンザイシロアリ・木材腐朽菌・キクイムシへの予防・駆除。

新築だからこそ、できること

ホウ酸は、木部に処理すると腐らなくなり、害虫にも食べられなくなり、結果的に地震時にも強い住宅を実現する優れた木材の保存剤です。<長期優良住宅に適合>

「安心」「安全」「恒常性・再処理不要」「最長15年保証」の自然素材・ホウ酸による、これからの防腐防蟻(ぼうふぼうぎ)処理工法、100%責任施工の木造劣化対策「ボロンdeガード工法」。 世界基準のホウ酸防腐防蟻工事。 5年毎の床下農薬(合成殺虫剤)処理と違い、再処理不要です。ランニングコストが安く抑えられます。
  • ホウ酸は木部から無くならない限り、ずっと効果を発揮し続けます。
  • 木材に含ませるホウ酸量により、その効果が決まります。
  • 木材に含ませるホウ酸量はホウ酸濃度とその処理量に比例します。
  • 効果=ホウ酸の濃度×処理量+雨対策。
  • 材料販売しておりません。ほう酸濃度管理出来ない。(冬場は特にホウ酸水溶液が結晶化され濃度が低くなり効果減少)木部への処理量。雨対策、ほう酸を自由に使えるほう酸施工士が施工すれば15年保証を付保出来ます。
  • もしシロアリ事故があった場合、責任施工であれば責任の所在がはっきりしておりますのでお客様も長い間安心して生活がおくれます。
日本の住宅は世界先進国のそれと比べて建物の寿命が半分から1/5ほどしかありません。(なんとイギリスでは141年!)建物の評価が低下するはもとより、ここでの寿命とは物理的に生活できない状態になることをいいます。
アメリカカンザイシロアリにボロボロにされた柱表面の薄皮だけを残して、内部がスカスカになるほど、被害が進行した屋根裏の柱。本来、日本の住宅は、諸国に比べて厳しい建築基準法をクリアするために素晴らしい技術で作られています。
それなのに、平均寿命は30年と言われています。これではローンの支払いが終わらないうちに建て替えなければならないということになります。
その要因を大きく占めるのが、冬型結露、夏型結露、雨漏りなどにより活発となった腐朽菌により木部が腐り、シロアリやキクイムシ等の木部を劣化させる害虫類に蝕まれ、そして、私達が気づかないうちに被害が進行している事があげられます。 また、昨今では、これまでの日本のシロアリ対策を覆して猛威を振るっている、土壌に依存しない、外来種のアメリカカンザイシロアリの被害エリアの拡大があります。

その全てを、ボロンdeガード工法で予防することができます。「ホウ酸」の持つ力

日本ホウ酸処理協会が取り扱う、ボロンdeガード工法は天然鉱物のホウ酸塩の一種で成り立っています。 ホウ酸は土壌、海水、淡水、温泉そして微量に目薬にまで身の回りのどこにでもあります。また、人間を始めペット等の哺乳動物、 植物には微量の必須元素で、万が一にも摂り過ぎた場合、体外に排出することができ、重篤な副作用も起こしません。自然界、身の回りのどこにでもある鉱物で、 透明無臭で空気中に揮発もしません。安心安全、シックハウス症候群も起こさない、人・環境にやさしい自然素材です。そして、効果は水(雨)分で流れ出ない限り、 恒常的に作用し続け、大切なおうちを守るバリアを維持します。
木材を劣化させる生物のホウ酸に対する耐性は、アメリカカンザイシロアリ(を耐性値1.0として) ≒ 腐朽菌 ≒ キクイムシなど < イエシロアリ・ヤマトシロアリ(耐性値3.0ほど)とされ、イエシロアリに効力を発揮すれば、木材を劣化させるすべての生物の活動を恒常的に止めることができます。 ボロンdeガード工法は、イエシロアリの耐性をはるかに超える濃度で処理ができる、無比無類の防腐防蟻の工法です。 安心安全なホウ酸の効果は長期間続きます。 現在一般的に木造住宅を建築するときの防腐防蟻処理は、合成殺虫剤で行われていることがほとんどです。もとは自然界にあった虫除けの効果をもつ植物などの成分を化学的に合成したものなどがあります。収納などに使う防虫剤もこの類で、虫、環境、そして人や動物にも強すぎるその作用のため、かならず数年で分解されるようにできています。つまり数年後には何もバリアが施されていない無防備な状態となってしまいます。 効果の消えた数年後、生活が始まってしまっている住宅の柱や壁の中の木部全てに再度薬剤の処理をする事が難しいことはいうまでもありません。 ここに再処理不要のボロンdeガード工法を選んでいただく正しい理由があります。